頭皮が臭くなる原因

毎日、きちんとシャンプーやヘアケアしているのに、頭皮が臭い、べたつく・・・周りに気づかれていたらどうしよう、でも人には聞けない。女性は男性と比べて、身だしなみに気を配るため「自分は大丈夫」と思いがちですが、女性でも頭皮が臭くなることは十分にあります。

 

頭皮が臭くなる原因はずばり皮脂です。

 

頭皮も肌の一部である以上、皮脂は出るのですが、なんと頭皮から分泌される皮脂の量は身体の中で一番多いのです。その皮脂が酸化したり、皮脂を餌とする雑菌が繁殖することによって、イヤ〜なニオイになってしまうのです。

 

でも、若い頃は臭わなかったのになぜ?

 

それは過剰に皮脂が分泌されるようになったからです。

 

皮脂が増える原因として、女性ホルモンの乱れ、間違ったヘアケア、紫外線や乾燥にいるダメージがあります。女性ホルモン「エストロゲン」には、皮脂の分泌を抑える働きがあるため、本来は頭皮のニオイがひどくなるはずはないのですが、なぜ臭くなるのでしょうか?

女性ホルモンの減少

女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量は、30代以降ぐっと減っていきます。もともと、人間は男性ホルモンと女性ホルモンの両方が分泌されています。女性は女性ホルモンだけ、男性は男性ホルモンだけが分泌されているわけではありません。

 

女性ホルモンが減ることによって、男性ホルモンの働きが活発化して、皮脂の分泌が増えてしまうのです。

 

でも、若いからといって油断はできません。ストレスや生活習慣の乱れ、食生活、出産などが原因で女性ホルモンが減少することがあります。

 

間違ったヘアケア

ニオイが気になるあまり洗浄力の強いシャンプーを使ったり、何回も髪を洗ったりしていませんか。じつは、シャンプーに配合されている成分が頭皮にダメージを与えたり、皮脂を必要以上に取り除くと、頭皮を守るために、皮脂の分泌を促してしまい、結果としてニオイやべたつきを悪化させてしまいます。

 

乾燥や紫外線が原因

頭は紫外線を浴びやすい場所であるために、紫外線によるダメージを受けやすいのです。紫外線を浴び続けると、頭皮は乾燥します。また、エアコンが効いた部屋は乾燥するために、やはり頭皮が乾燥して、皮脂を過剰に分泌するようになります。

 

頭皮のニオイを改善するため

ストレスをためない
十分な睡眠をとったり、適度な運動はストレス発散になります。また、お風呂もシャワーだけで済まさず、ゆっくりと湯船につかることによって血行が良くなり、古い皮脂や角質が排出されやすくなります。

 

食生活の改善
ニオイの原因となる食事を控えるようにすることも大事です。

 

例えば、油っこいもの、肉類、ジャンクフードなどはできるだけ控えましょう。また、お酒の飲みすぎや喫煙は血行を悪くして、頭皮の環境を悪化させる原因になります。野菜や玄米、ナッツ類を積極的に食べるといいでしょう。

 

正しい方法のシャンプー
頭皮を清潔に保つことは、ニオイを解消する基本なので、正しいシャンプー方法を実践しましょう。

 

まず、シャンプー前に髪をブラッシングします。汚れやほこりが落ちて、シャンプーしやすくなります。次に、髪を濡らしますが、ただ濡らすのではなく、お湯で汚れを落とすつもりのくらいで十分に洗います。

 

シャンプーの際は、いきなりシャンプー液を頭髪に付けるのではなく、手のひらで十分に泡立ててから、丁寧に洗います。爪を立てたり、ごしごし擦り過ぎると、頭皮を傷つけるので、指の腹でマッサージするような感じで優しく洗いましょう。

 

すすぎはしっかりと行います。シャンプーが残っていると頭皮トラブルの原因になることがあります。

 

また、リンスやトリートメントは毛先を中心に髪の毛にだけつけるのが正しい使い方です。頭皮にべったり付けると、頭皮のべたつきを招く恐れがあります。もちろん、シャンプー同様、しっかりとすすぎます。

 

髪は必ずドライヤーでしっかりと乾かします。つい面倒で髪が濡れたまま眠ってしまい、翌日、何となく髪が臭い、そんな経験はありませんか。濡れたまま状態で放っておくと、雑菌が繁殖して、ニオイの発生の原因となります。

 

頭皮にニオイを改善するためには、頭皮の環境を整え、健康な頭皮にすることが大切です。健康な頭皮にするために、とても役立つのがクリアハーブミストです。

 

頭皮に潤いと栄養を与え、雑菌の繁殖を抑え、ニオイの元を消し去ってくれます。香りでニオイをごまかすのではなく、根本的にニオイを改善する女性のための頭皮専用美容液です。

 

毎日の生活習慣に気を配り、同時にクリアハーブミストで頭皮の健康を蘇えらせれば、頭皮にニオイを防ぐことは可能といえます。頭皮のニオイを改善することは頭皮の健康、ひいては薄毛や抜け毛の予防にもつながります。正しいケアで、美しい髪の毛を維持しましょう。