頭皮が臭い原因は?

頭皮が臭い、もしかして加齢臭かもしれません。

 

加齢臭といえば男性特有のニオイと思われがちですが、実は女性も加齢に伴って、ニオイを発生することがあります。加齢臭は、使いまわしの古い脂や古い本、ろうそくのニオイなどに例えられます。

 

加齢臭の原因になるのは、ノネナールという物質です。男性は40代以降、女性は閉経後に皮脂(9-ヘキサデセン酸)の分泌が増加します。この9-ヘキサデセン酸が分解されると、ノネナールという物質が発生します。要するに、雑菌が皮脂を食べた時に、皮脂が臭いニオイを発する物質に変わるのです。

 

男性の方が加齢臭がきついのは、皮脂の分泌量が女性よりも多いためです。また、女性ホルモンには、過剰な皮脂の分泌を抑える働きがあります。

 

ただし、加齢やストレス、生活習慣の乱れによって、ホルモンバランスが崩れると、女性でも皮脂の分泌が増え、ニオイを発する可能性があります。

 

では、なぜ頭皮からニオイが発生するのでしょうか。

 

実は頭皮は全身の中で、皮脂腺が最も多い部位の1つです。その上、髪の毛があるために雑菌が繁殖しやすい環境でもあります。つまり大量の皮脂を雑菌が食べて、ニオイの原因物質であるノネナールが発生しやすいのです。

 

頭皮のニオイを抑えるためには、まず清潔に保つことが前提になります。

 

それでも、頭皮のニオイが改善しない人は、頭皮が臭い女性・原因と対策をご覧ください。

 

>>頭皮が臭い女性になりたくない